伝統的な古典柄がきれいな卒業袴!

卒業式袴

こんばんは、

京都さがの館神戸三宮店の藤原です(*'ω'*)

突然ですが、

ラーメンは細麺ストレート派です。

IMG_5.JPG

こちらは私の大好きな陳麻家というお店の

担々麺です!

1ヶ月に1回は食べに行きます。

めっちゃ美味しいのです!!

三宮バスターミナルのすぐ近くにあるので

さがの館へ寄られた際は

ぜひ行ってみてくださいね~❤

それでは、本題に参ります!

本日、私がご紹介するのは

オレンジ色に伝統的な古典柄がきれいな

こちらの卒業はかまです。

IMG_1.JPG

優しいオレンジ色で肌なじみも良く、

女性らしい柔らかさが表現できる一枚です!

お顔がパッと明るく華やかになりますよ~(*'ω'*)

清楚で格式高いイメージの古典柄は、

成人式はもちろんですが卒業式にもぴったりです!

古典柄は柄に意味が込められているものが多いのも

ポイントのひとつですよ(*'o'*)♪♪

たとえば、菊の花には"無病息災"の願いが、

桜には"いつまでも輝かしい女性でいられるように"

という想いが込められています。

柄に迷ってしまったら、

柄の意味を考えてみるのもいいかもしれませんね♡

IMG_2.JPG

こちらには桜や紅葉、松のほかに

御所車や檜扇、貝桶が施してあります!!

むむ?御所車?檜扇?貝桶?

なんだか難しい名称ですね~

私もさがの館で働くまでは知らなかったです!

御所車とは、

京都御所の周辺で使われた貴族の乗り物だそうです。

古典的な雅な文様として用いられます。

御所車の車輪をデザイン化した文様を

《源氏車》と呼び、独立して使われることも。

中には古典の花をあしらった『花車』もあります。

花車の柄には、

「たくさんの幸せを招きますように」という意味も

込められているそうです。

次に、檜扇とは

檜の薄い板でつくられた扇を文様にしたものだそうです。

檜扇は十二単衣のお姫様が持っている扇で、

古典文様として花嫁衣装に多く用いられる華やかな文様です。

最後に貝桶とは、

対の貝の殻を合わせる『貝合わせ』遊びの

貝をしまう入れものであり、

二枚貝は殻が他の殻同士では合わないことから

夫婦和合の象徴として好まれる柄です。

江戸時代には嫁入り道具の一つとされていたそうです。

IMG_3.JPG

お写真では分かりにくいのですが、

袴は深いグリーンから黒への

落ち着いたグラデーションになっております!

なんと裾にも桜の刺繍が❤❤

これまたかわいいですよね~!

IMG_4.JPG

前回ご紹介させて頂いたような

新作の卒業袴もたくさん掲載されている

新しいパンフレットもご用意しております♪

どれもかわいくって眺めているだけで

幸せな気分になります~(*'ω'*)

それでは、皆さまのご来店を

スタッフ一同お待ちしております!

*******************************************************************************

着物の本場、京都室町から和の美しさをお届けします。
卒業式袴レンタルのご利用実績5年連続No1
※関西圏大学生協の集計による袴のご利用実績

卒業式袴レンタル・成人式お振袖レンタル
京都さがの館 京都四条本店・大阪梅田店・なんば店・神戸三宮店・茨木店・天王寺店・新宿店
SEASON SHOP LIST 京都さがの館
枚方店・関大前店・河原町OPA店・北大路ビブレ店・明石ビブレ店

卒業式も成人式もぜひ京都さがの館をご利用くださいませ★
スタッフ一同心よりお待ちしております(∩´∀`)∩
営業時間 営業時間11:00~18:00
※お問い合わせは、TEL:078-393-0203まで!
〒650-0033
兵庫県神戸市中央区江戸町94−2
ファーストプレイスユニオンビル3F
京都さがの館 神戸三宮店

*******************************************************************************