卒業式のレンタル袴選び~赤色編~

卒業式袴

突然ですが、あなたの手元に赤色のグッズはありますか?

私の場合は、PC用の赤淵眼鏡がデスクの上に置いてあります。
これを買ったのは、四月の話。
多くの新社会人がそれぞれの会社に入社するこの時期に、なにか一つフレッシュな気持ちを持とうと買ったものです。

さて、この赤色というキーワード。
深層心理としてこのようなものがあります。

【赤色を選ぶ人の深層心理】

  • なにか新たなことを始めようとしている
  • 一度決めたものをやり遂げようとする
  • 周りに劣らない強いエネルギーが溢れ出している

まさに、赤い眼鏡を買った私の深層心理そのままです。
社会の環境に新たな風が吹く4月。
さがの館では卒業式が終わり、新たな年として始まる時期でもあります。
さらに、フレッシュな周りに劣らないよう気持ちを新たに決意する時期です。

そういった環境から強い気持ちが生まれ、赤色のものを知らず知らずのうちに選んでいた。
冷静に分析すると、深層心理っていうのは少し怖くも、当たっていて嬉しかったりします。

卒業式の袴選びで赤色のお着物を選ばれる方は、強いエネルギーをお持ちの方ではないでしょうか。
普段は内気な方でも、一生に一度のハレの舞台ともなると、やっぱりどこか気合いが入るもの。

さがの館ではこのような赤色のお着物を取り揃えております。

kyoto20170526-red4.png

kyoto20170526-red5.png

kyoto20170526-red7.png

こうして見ると、同じ赤色のお着物でも、柄のデザインによって印象が変わります。
力強いエネルギーを感じさせる赤色は、お着物になるとどこかやさしくあたたかな印象に。
普段は隠し持っている日本女性特有の奥ゆかしさが、かわいらしく演出できるのではないでしょうか。

kyoto20170526-red6.png

こちらは同じ赤系統のお着物でも、少し雰囲気が変わりました。
白と赤。椿の柄が大胆に添えられているデザインです。
卒業生のお嬢様たちに大人気のレトロモダンスタイル。
昔懐かしのレトロな色合いながら、単調になりすぎない今風のモダンデザインを取り入れたお着物です。
同じ赤でも、全体的に配色されていないため、慎ましやかでおしとやかな印象を受けます。

もちろん、あなたにレンタルしていただくのは、お着物だけではなりません。
卒業式といえば「袴スタイル」。
お着物に合わせて、袴もまたレンタルいただけます。

では実際にどういったコーディネートにしてみましょうか?
今回は赤色のお着物を使ったコーディネートパターンを3つご提案いたします。

①ザ・定番!レトロな赤色のお着物×フカミドリの袴で、憧れの女学生スタイルに。

kyoto20170526-red.png

②レトロとモダンが組み合わさった赤色のお着物×紺の袴は、反対色だからこそ華やかさが増します。

kyoto20170526-red2.png

③華やかさを重視するなら断然刺繍入りの袴!赤×紫という同じ暖色系カテゴリーから色を選んだ袴コーディネート。

kyoto20170526-red3.png

赤は目立つ色です。

まとまりのあるコーディネートを考えるなら

  1. 反対色の袴をレンタルするか
  2. 同じ濃さの袴をレンタルするか

このどちらかになってくるかと思います。

京都さがの館では、赤色のお着物の種類も豊富ながら、それに合わせてレンタルしていただく袴の種類も豊富です。
「無地」「ぼかし」「刺繍入り」「ぼかし刺繍」と袴のデザインも多種多様。
もちろん刺繍の柄も様々です。

赤は内側から溢れるエネルギーを示す色。
新たな年を迎えるその前に、学生生活の締めくくりとして、一生に一度の卒業式をイメージしてみてください。
あなたに合った赤色コーディネート選びを、スタッフもお手伝いさせていただきます。

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております♪

*******************************************************************************

卒業式袴レンタル・成人式お振袖レンタル
京都さがの館 京都四条本店・大阪梅田店・なんば店・神戸三宮店・茨木店・天王寺店・新宿店
SEASON SHOP LIST 京都さがの館
枚方店・関大前店・河原町OPA店・北大路ビブレ店・明石ビブレ店

卒業式袴レンタル・成人式のお振袖レンタルの最新情報を気ままに更新中♡♡♡
※お問い合わせは、TEL:075-213-3005まで!
〒604-8154
京都市中京区 室町通四条上ル
菊水鉾町582  さがの館ビル
さがの館 京都四条本店

*******************************************************************************