小学生にとってはじめての袴レンタルお役立ち情報

小学生の卒業袴レンタルで最適な申込時期は〇〇頃

レンタル申込時期
※この記事は公開当時の情報を元に作成されています。レンタルプラン・商品情報・金額などに関しては年度ごとに異なる可能性があり、記事内には取り扱いのないサービスが含まれていることがございます。ご予約の際は最新の情報をご確認ください※

レンタル袴を選ぶ

小学生の卒業式。
袴レンタルでお母さまから一番問い合わせが多いのは「申込時期っていつ頃ですか?」というもの。

答えは「早めに。具体的には、4月以降~夏頃」です。

目次

  1. 申込時期が遅れるとこうなる
  2. 早期申込で受けられるメリットをまとめました
  3. 実際に夏前の時期に申し込まれている方の例
  4. まとめ
  5. 「レンタル袴の申込時期」と、あわせて読みたい

申込時期が遅れるとこうなる

申込時期について詳しく聞く

最悪の場合、せっかく袴を着て出席したかったのに、予約が取れなかったばっかりに、それができなくなってしまいます。

大学の方なら大学内で展示会が行われますし、新作カタログも各大学さまからお送りさせていただいています。
なので、それを見て、なんとなく「申し込まないといけない時期なのか~」と思うのですが、小学生の方だとそういったことがないので、自分で調べないと申込時期すらわからない!という状況です。

「申込時期は年々早くなっている」という情報をどこからか得たお母さまが、よくお問い合わせの中で「早く申し込まないと袴が予約できないって聞いて」とおっしゃられます。

厳密には「予約できない」ということはありません。
ものによっては卒業式の一ヶ月前、2月の時期でも予約できる場合もあります。

しかし「100点以上の中から選んで気に入った袴の予約」は秋を過ぎるとどんどん難しくなってきます。
それは大学生や専門学校生の方の申込時期が秋ごろにピークを迎えるから。

極端な話、秋を過ぎると、本来なら100点の中から選べた袴でも、50点の中から、20点の中から、というように限られたものしか選べない状況になってしまうのです。

早期申込で受けられるメリットをまとめました

レンタル袴が勢ぞろい

1.お母さま好みのもの、小学生のお嬢さま好みの袴がたくさんの中から選べる

店舗に揃えているお着物と袴の点数は、今年度の新作も含めますと100点以上です。
しかもその組み合わせはあなたの自由。
必ずしも決まった上下のセットというわけではなく、上のお着物と下の袴の組み合わせはあなたの好みで選んでいただけます。
もちろん、着付けに必要不可欠な帯もさまざまな色の中からお選びいただくことが可能。

しかしこれは、早期に申し込まれた方が受けられるメリットです。

秋ごろには大学の方や専門学校生の方々が申し込まれるピークの時期。
小学校の卒業式の日程には、毎年大きな大学の卒業式がいくつも被ることが多いです。
となると、その卒業式の日程で予約ができない袴が増えてくることに。

4月頃~夏頃であれば、100点以上から選べたお着物や袴であっても、秋になると50点の中から、20点の中から......とどんどん選べるものが少なくなってきます。

さらにこれはお着物や袴、帯だけに言えることではありません。
ブーツの予約にも同じことが言えるのです。

2.小学生のお嬢さまでも足元が楽なブーツが予約できる

卒業式当日を考えたとき、お嬢さまの履物をどうするか決めなければなりません。
草履かブーツか。
今どきはブーツも流行っていて、女学生らしく大人びた自分になれるとっておきのアイテムです。

草履とブーツのメリットはそれぞれあります。
しかしお母さまの心情としては、やはり多いのがブーツ。

理由は3つ。

  • 卒業式当日が雨のとき、草履だったら足元が濡れてしまうから
  • ただでさえ袴には不慣れで、階段を上ることもあるし、せめて歩きやすい方がいい
  • 足が痛くならないよう、履きやすいブーツの方が安心できるから

一番は「安心できるから」です。
卒業式の最中は、ずっと傍にいることはできません。
もしなにかあったとき、すぐには対応できないことを考えると、履きなれない草履よりも足元が安定しているブーツの方が安心できる。
そういった理由から、多くのお母さまがブーツをご希望されます。

しかしブーツにはお着物や袴、帯と同じように限りがあります。
大学生の方も専門学校生の方もスタイルがよく見えるブーツには憧れがあります。
となると、卒業式の日程や靴サイズによっては、秋にはすでに予約が埋まってしまう場合も。

早期に申し込むことで、足のサイズに合った希望のブーツをレンタルできる点は、お母さま的にもうれしいメリットです。

3.お母さまの都合に合わせて、前撮り撮影の日時が多くの枠の中から選べる

前撮り撮影のことや記念のアルバムを残したいと考えているお母さまは多いです。
なんといっても自分の娘の晴れ姿ですから、記念に写真は撮っておきたいもの。
前撮り撮影となれば、お母さまもお父さまも訪問着や礼服を着て、一緒に写真が撮れます。

となると、こちらもまたお着物や袴、ブーツと同じことで、前撮り撮影の日時も早く申し込まなければ、希望の枠が埋まってしまいます。

むしろ前撮り撮影の日時の方が、シビアな部分があります。
お着物や袴、ブーツのご予約は数もたくさん用意しておりますので、ある程度はまだ大丈夫です。
しかし、前撮り撮影の日程枠は、ただでさえ少ないのが特徴。

前撮りができる撮影スタジオの数や、一日にお受けできる撮影枠の上限。
これらを考慮すると、空き枠が埋まっていくのは早いです。
お住まいの地域から一番お近くのスタジオを予約したいとなっても、その日は空いていないこともありますし、空いていても希望の時間はすでに予約で埋まっていることも。

お母さまやお父さまのご都合に合わせて、前撮り撮影の日時を決めようと思ったら、予約が埋まってしまう前に申し込む必要があります。

この前撮り日時の予約は、お着物と袴のレンタル申込時に合わせてできます。
もちろん、後日予定がわかり次第でも可能ですし、事前に空いているかどうかの確認も可能です。
前撮り撮影で、もしこの日が空いているなら申し込もうかな......とお考えの方も、事前にお電話での確認が可能ですので、ご安心ください。

4.8月末までにお着物と袴をレンタル申込していただくと、新作ゆかたの無料プレゼントがついてくる

ゆかたの時期に、わざわざ新しく買わなくても、卒業式のお着物と袴を申し込めば無料でゆかたがついてくる。
これは大学生の方も小学生のお嬢さまにも喜ばれているキャンペーンです。
お土産感覚ですよね。
自分の好きな柄が選べるので、袴選びと同じくらい楽しいです。

新作ゆかたのデザインの特徴

  • 万人受けする白やパステルカラーを豊富に取り揃えました
  • 柄に関しては大胆なものや小さな柄、個性的なものもあり、選べる幅は広いです

参考記事:期間限定!さがの館・新着ゆかた無料プレゼント【2017年8月末まで】

※レンタルを解約された場合は、ゆかたの返却を郵送にてお願いしております。
※あらかじめ、ご了承ください。

実際に夏前の時期に申し込まれている方の例

レンタルする袴選び

1.卒業式の日程がまだ決まっていない方

卒業式の日程が決まっていないと、申し込むのも躊躇ってしまいます。
きちんと時期が決まってからじゃないと申し込めないのでは?と思われる方も多いです。
でもそれだと、卒業式の日程が正確にわかるのはいつでしょう?
わかるまで待っていなければならないのでしょうか?

気に入ったものを予約したい。
でも卒業式の日程がわからない。
そんな方が実際にされている申込方法がこれです。

「3月1日~31日までの一ヶ月間を予約しておいてもらう」

これが可能なのが京都さがの館です。

不安なら、安心できる方法で予約をしてみましょう。
卒業式の日程がわからない、でも3月には行われるとわかっているなら、一ヶ月間予約しておくと安心できます。
本当は卒業式当日の1日だけ予約をしておきたいけれど、卒業式がわからないから一ヶ月の予約になった場合、その分の追加料金等はいただいておりません。
正式に卒業式の日程がわかったときに、この日ですとご連絡いただければ、一ヶ月間の予約を卒業式の1日だけの予約に変更させていただきます。

2.卒業式の日程が3月下旬で遅い方

3月の下旬だからまだ予約はいいかなと思っている方にお知らせしたいのは、下旬だと関東の大きな大学の卒業式が被っているということです。

2016年度の話で言うと、早稲田大学の卒業式が学部ごとに合計3日間行われました。
すべて3月下旬の話です。
2017年度は、京都さがの館と提携の関東の大学がさらに増えまして、3月下旬だけでも本当に多くの学生さまが卒業袴のレンタルを申し込まれる予定です。

となると、卒業式が遅いからまだ大丈夫と思っている方は肝が冷えます。

卒業式の日程の遅い早いにかかわらず、お申込みは早めがおすすめです。
なによりもメリットは「たくさんの中から選べること」。
それは「安心」につながります。
お母さまの好みにも合って、お嬢さまも着たいと楽しみにされる袴をレンタルするなら、夏休み前の時期が一番です。

3.日焼けをしてしまう前に、前撮り撮影をしておきたい方

夏休みは大体8月の下旬まで。
お盆休みには海やプールに行くこともあるでしょう。
そういったことを考えた上で、7月の早い時期に前撮り撮影をしてしまおうと申し込まれるお母さまもいらっしゃいます。
日焼けをしてしまう前にと思われるんですね。
11月や12月、卒業式の直前になると、お嬢さまによっては受験もありますから、それを見越して、早め早めに予約をしておきたい。
ご家族で前撮り撮影をしたいと考えていらっしゃるなら尚更です。
予定の合う日程を考えると、前撮り撮影は夏休みの時期が選びやすいです。

まとめ

早期に申し込まれている方の中には「卒業式の日程がまだ決まっていない方」「卒業式の日程が3月下旬で遅い方」も多くいらっしゃいます。
もちろん「日焼けをしてしまう前に、前撮り撮影をしておきたい方」も。

  • お母さま好みのもの、小学生のお嬢さま好みの袴がたくさんの中から選べる
  • 小学生のお嬢さまでも足元が楽なブーツが予約できる
  • お母さまの都合に合わせて、前撮り撮影の日時が多くの枠の中から選べる
  • 8月末までにお着物と袴をレンタル申込していただくと、新作ゆかたの無料プレゼントがついてくる

これらのメリットがあるから、みなさん早く申し込まれているのです。

「レンタル袴の申込時期」と、あわせて読みたい

※この記事は公開当時の情報を元に作成されています。レンタルプラン・商品情報・金額などに関しては年度ごとに異なる可能性があり、記事内には取り扱いのないサービスが含まれていることがございます。ご予約の際は最新の情報をご確認ください※

Group Shop List

Hakama Salon List 卒業式Hakama Salon List 卒業式

Furisode Salon List 成人式Furisode Salon List 成人式

Bridal Salon List 結婚式Bridal Salon List 結婚式

Kimono Rental Salon List 観光着物Kimono Rental Salon List 観光着物

Photo Studio List Photo Studio ListPhoto Studio List

Group Services

着物レンタル着物レンタル

  • - 成人式振袖 -

    FURISODE RENTAL

    成人式振袖のレンタル・販売ならお任せください!

  • - 卒業式袴 -

    HAKAMA RENTAL

    さがの館の卒業式袴レンタルでキラキラ輝く最高に素敵な卒業式を!

  • - 小学生 卒業式 袴 -

    小学生 卒業式 袴

    お子様の晴れ姿に小学生袴が急増中。想い出に残る卒業式を!

  • - 観光着物 -

    京あるき

    京都で着物散策プラン。アクセス抜群の中心街にある着物レンタルショップ。

WeddingWedding

  • - Wedding Dress -

    Paris Marry WEDDING

    ウエディングドレス、二次会ドレス、最高のクオリティーをお約束します。

  • - 和婚着物 -

    京都 さが嵐山 結婚式

    かけがえのない結婚式の思い出を憧れの和装で挙式

Party DressParty Dress

  • - Party Dress -

    Paris Marry WEDDING

    結婚式や二次会、各種パーティー用のレンタルドレス専門店。常時200着取り揃え!

PhotoPhoto

  • -フォトスタジオ Photo Studio-

    フォトスタジオ

    さがの館の卒業袴・成人式振袖フォトプランで最高にキュートな一瞬を!

来店予約
お問い合わせ
カタログ請求

close