電話でのお問合せ(075-748-1236)
  1. HOME
  2. 小学生にとってはじめての袴レンタルお役立ち情報一覧
  3. 小学生の袴レンタルで華美にならないデザインとは?

小学生にとってはじめての袴レンタルお役立ち情報一覧

着物・袴の選び方

小学生の袴レンタルで華美にならないデザインとは?

目次

小学生の卒業式で袴をレンタルする場合「華美かどうか」は重要なポイントです。
ですが実際に、どのようなデザインの袴が「華美」なのかと聞かれると、悩まれるお母様方もいらっしゃるのではないでしょうか。

小学校の卒業式でおすすめの袴デザインや、卒業式用として選ばれている京都さがの館の袴をご紹介いたします。

伝統を纏う|小学生の袴レンタルで選ばれるデザイン

小学生の袴レンタルで華美にならない袴として選ばれているのが「古典デザイン」です。
日本の伝統文様である古典柄には、1つ1つの柄に幸せを祈る想いが込められています。
そんな古典柄を取り入れた卒業式袴を着ることは、華美というよりも「日本の伝統や文化を大切にしている」という印象を与えます。

具体的なデザインを述べると、総柄よりも袖部分に古典柄が描かれたシンプル寄りなものが多いです。
大学生の袴レンタルで人気がある、大柄がぎっしり描かれたデザインだと「華美」と捉えられてしまう場合も。
ご試着の写真を小学校の先生方にお見せして、デザイン上問題ないかどうかをご確認されるのもおすすめです。
もし問題があれば、京都さがの館の店舗でお申込みの場合12月末までに衣裳の変更が可能なのでご安心ください。

華美にならない卒業式袴の色味


卒業式袴のデザインとしては「古典デザイン」が華美になりにくいと、おすすめをさせていただきました。
では次に、どのような色味の卒業式袴が選ばれているかを見ていきましょう

小学生の袴レンタルでは、古くから祝い事の色、女の子の色とされてきた赤色や、淡い黄色やピンク色などの着物に袴を合わせるスタイルが人気です。
淡い色合いの着物は身に纏うと可憐な印象になるので、あどけなさが残る小学生のお嬢様にピッタリのお色味です。
大人っぽい袴で卒業式に出席されたい場合は、下の袴を暗めの色にすると落ち着いたお姉さんらしい雰囲気になります。
ぼかし染めの袴の場合、足元部分がより暗くグラデーションがかかったように染められているのでシンプルながら華やかさも出すことができます。

履物はお草履?ブーツ?どっちが華美にならないか

卒業式の袴にはお草履とブーツ、どちらが華美にならないのでしょうか。
「古典らしさ、伝統的な和装」という点を重視するならば、やはりお草履になります。
また、脱ぎ履きしやすい点も良いところです。
体育館や教室で上靴に履き替える必要があれば、お嬢様お1人でも対応できるよう草履を選ばれます。

ブーツの場合、小学生のお嬢様は履き慣れていない場合が多く、靴を履き替える際や歩く際に戸惑わないか心配されます。
とある小学校の卒業式では、ブーツのヒールで躓いてはいけないので、全生徒運動靴を着用することになったそうです。

「ブーツが禁止されているけど、どうしても袴にはブーツを履きたい」という場合は、卒業式当日はお草履で、前撮りの時のみブーツを履くことも可能です。
卒業式とは違う衣裳で前撮りをすることも可能なので、華美かどうかを気にせず一番着たい卒業式袴でお写真を残していただけます。

小学生のお嬢様が着る!卒業式袴はこちら

それでは最後に、実際に小学生の方が卒業式で着られたレンタル袴をご紹介いたします。
お1人目は、人気の赤い着物に緑の袴を合わせた装いです。


卒業式の定番と言われる赤と緑の組み合わせは、古典デザインが映える伝統的なコーディネートです。
肩から袖に広がるリボンと桜の絵柄が小学生らしい愛らしさを引き出していますよね。
フカミドリの袴も着物に描かれている桜とデザインを合わせているので、統一感が感じられます。

伝統的なデザインの中にも女の子らしい愛らしさを求めるなら、おすすめのコーディネートです。
商品詳細はこちらからご覧いただけます。

次にご紹介するのは、大人っぽい装いを選ばれた小学生のお嬢様。


淡い黄色の着物に、深いエンジの袴を合わせたコーディネートとなっています。

ベイジュがかかった黄色の着物は、肌なじみも良くお顔周りを明るく魅せるのでおすすめ。
大人過ぎず、小学生らしい愛くるしさも引き出す色です。
深いエンジの袴には繊細な桜の刺繍が施され、上質な印象を与えます。
履物にブーツを選ぶことで、袴をこなれた印象で着こなしていただいています。

特別な卒業式、少し大人な印象で迎えたいならおすすめです。
商品詳細はこちらからご覧いただけます。

最後にご紹介するのは、女の子らしい淡く優しい袴コーディネートです。


ピンク、緑、黄色という春を感じさせる色合いでまとめられています。
全体が淡い色合いの中、金糸を使用した金襴帯を合わせているところもポイント。
さりげなく見える帯の部分が、光に反射し煌めいて見えます。

女の子らしい柔らかな雰囲気で卒業式を迎えたい方におすすめです。
商品詳細はこちらからご覧いただけます。

まとめ

小学校の卒業式で「華美にならない装い」としてどのような袴を選べば良いのか参考になりましたでしょうか。
小学生の袴レンタルでは、伝統的な古典柄の袴を選ぶ方が多いです。
お選び頂く袴の色味によって印象も全く変わるので、店頭で沢山ご試着くださいませ。
京都さがの館の店舗では、お気に召すまで何着でもご試着いただけます。
ぜひ事前にご予約の上お越しくださいませ。

合わせて読みたいコラム一覧

SAGANOKAN KYOTO