電話でのお問合せ(075-748-1236)
  1. HOME
  2. 卒業式袴レンタルのお役立ち情報
  3. 卒業式の袴レンタルで驚き!ノースリーブの長襦袢!?

卒業式袴レンタルのお役立ち情報

袴姿に必要な小物類

卒業式の袴レンタルで驚き!ノースリーブの長襦袢!?

袴に合わせてレンタルする長襦袢

卒業式袴レンタルで人気の京都さがの館。
今年度も多くの方に卒業式の袴をレンタルでご利用いただいております。
ほとんどの方が、着物の知識がなく、着付けになにが必要なのか?全部借りれるって言うけど「全部」の内訳ってなんなのか?そんな疑問をお持ちのお嬢様も多くいらっしゃるでしょう。

ご安心ください。
あなたにぴったりな記事はこちら。
「レンタル袴のコーディネートを左右する小物を紹介」であなたが知りたいことはすべてわかります。

ただ、今回はその中でも「さがの館が他とは違って、お客様目線のサービスで行っていること」について書いていこうと思います。

さがの館独自のサービスはあなたにとって安心できるものになっているのか。
確認の意味でも、一度お読みください。

さがの館の長襦袢には袖がない?!ノースリーブの長襦袢をお渡しする理由

袴を着る時に必要な長襦袢

着物を着るときには、長襦袢をまず着る必要があります。
しかし京都さがの館の長襦袢は、お袖が短いノースリーブのような形になっております。

どういうこと?と感じる方。
着物にはじめて触れるお嬢様からすると、そもそも長襦袢が本来どういった形のものかわからない方もいらっしゃるでしょう。
本来の長襦袢。例を挙げると、イラストの左側のようなものです。

手首の部分まで袖がありますよね。
本来なら着物の袖の長さに合わせて、長すぎもせず、短すぎることもない長襦袢を用意します。
肌に直接着物が触れないようにし、汗や垢などがつかないようにするためです。

しかし、卒業式袴レンタルで用意しているさがの館の長襦袢は、この袖がないタイプ(イラスト右)。
えっ、それって大丈夫なの?!
びっくりしますよね、汗がつかないようにするための長襦袢に袖がないんですから。
それって着物に直接肌が触れることになるのでは……とご心配の方。

ご安心ください!
さがの館が提供している着物には、着物自体に長襦袢の袖を縫い付けているのです!

ノーリスリーブの長襦袢はあえての工夫!わざわざ手間をかける理由とは?

袴を着る時に必要な長襦袢

本来なら袖のある長襦袢。
その袖を着物の裏地に縫い付けるなんて、人件費もかかれば時間もかかる話です。

ではなぜ、そこまでかけてノースリーブの長襦袢にこだわるのか?
どうして長襦袢の袖を着物にわざわざ縫い付けるのか?

こうした手間を挟む理由はただ一つ。
卒業式で、お嬢様に綺麗に着物を着ていただきたいからです。

着崩れを起こすと、着物の袖から長襦袢の袖が覗き、不格好になることがあります。
はじめての着物、長時間の袴姿で、咄嗟には着崩れを直せない方も多くいらっしゃるでしょう。
そうしたお嬢様へ、京都さがの館では「楽に」かつ「安心して」袴を着ていただけるよう、工夫をしております。

ですので、袖がない長襦袢だからといって慌てる必要はございません!
卒業式にさがの館で着物を借りていただいた方には、弊社の着物に合わせた長襦袢をお渡しいたします。
これは卒業式当日、あなたに、着崩れすることなく快適に過ごしていただくにはどうしたらいいか?と考え、追求した結果のサービスです。

ただし、さがの館で着物をレンタルしない方はご注意ください!

袴を着る時に必要な長襦袢

着崩れしないよう工夫をしたノースリーブの長襦袢。
これは着物の裏地に長襦袢の袖が縫い付けてある、さがの館の着物だからこそできる工夫です。

もし、さがの館で着物をレンタルしないのなら、ご注意ください。
ご自宅にあるお着物は、基本的にはそのような工夫はされていないのではないですか?
着物の裏地、見てみてください。
お持ちの着物はどうなっているでしょう。

本来なら、なんの工夫もされていない着物。
長襦袢も当然、袖ありのものをお持ちかと思います。
着物に合ったものでなければ、袖の下から長襦袢が見えてしまったり、逆に短すぎて素肌が着物に触れてしまうなんてことにも。
そうならないためにも、着物をお持ち込みの方は、その着物に合った長襦袢をご自身で、ご用意ください。
着物を購入した業者とは別の業者から「長襦袢だけ借りる」といったことは、結果的に、着物を着るお嬢様自身が困ることになります。

まとめ

今回は卒業式で袴をレンタルされるお嬢様向けに、さがの館でご用意する長襦袢についてお話させていただきました。

本来なら袖ありの長襦袢を着用するところ、さがの館の長襦袢は袖なしのもの!
えっ、それって着物の裏地に直接肌が触れるってこと?とご心配の方。
ご安心ください!
さがの館でレンタルできる二尺袖は、裏地に長襦袢の袖を縫い付けたタイプのもの。
そうすることで、長襦袢の袖が多く覗いてしまうということがなくなります。

卒業式当日に着崩れをしていても、咄嗟には直せないお嬢様もいらっしゃいます。
そういった方々にはもちろん、着崩れが不安な方にも、京都さがの館の二尺袖は着用しやすく、便利で、安心できると好評を得ています。

「さがの館で用意する長襦袢の特徴」とあわせて読みたい記事一覧

SAGANOKAN KYOTO