電話でのお問合せ(075-748-1236)
  1. HOME
  2. 卒業式袴レンタルのお役立ち情報
  3. 卒業式いくらかかる?袴レンタルの相場を地域別で徹底比較!

卒業式袴レンタルのお役立ち情報

レンタル相場

卒業式いくらかかる?袴レンタルの相場を地域別で徹底比較!

卒業式の袴レンタルは購入するよりもお手軽に、かつトレンドのお着物と袴をお好きにチョイス出来ますが、ご両親もお嬢様方も当然気になるのは「袴レンタルって一体いくらかかるの?相場は?」というところでしょう。
そこで今回は卒業式で着る袴レンタルの相場をご紹介いたします!
関西、関東別に袴レンタルの相場をわかりやすくまとめてみました!
ちなみに今回地域別でご紹介する相場は、袴と着物だけをレンタルした価格。
着付けやヘアセット、小物も込みでレンタルできるお店を最後にご紹介しますのでお見逃しなく!

卒業式の袴レンタル、何をレンタルする?相場は?

そもそも卒業式の袴レンタルで借りるものってなんでしょう。
何もお着物関連の物を持っておられない状態でレンタルしたらいくらかかると思いますか?
まずは一式全てをレンタルされた場合の相場をご覧いただきましょう。
卒業式当日に必要な着付け・ヘアセットの相場もご一緒にご説明します!

お着物

ポリエステルなどの安い生地を使用したお着物でしたら7,000円前後とお値段は抑えられますが、卒業式で着られる場合正絹(シルク)を使った上質なお着物を選ばれる方が多く50,000円前後が相場となります。

10,000円前後が主流。袴はお着物ほどは価格の違いが無く、人気のお色味か、刺繍は入っているかにより相場が変わります。

半巾帯

半巾帯とは袴の上から見える帯のこと。
ほとんどは袴レンタルのプラン内に組み込まれていることが多いのですが、単品でレンタルしようとすると1,000円前後となります。

草履・ブーツ

草履の相場は2,000円前後となります。

巾着

巾着は1,000円前後が相場になります。

髪飾り

2,000円前後になります。小さな花飾りやシンプルなかんざしなどにするとさらにもう少しだけ値段は抑えられます。

長襦袢(衿付き)

5000円~。
ポリエステルの物と正絹(シルク)の物など素材によって値段が大きく変動しますが相場はこの程度。
ポリエステル製の長襦袢は安価に借りられますが、レンタルの場合はお洗濯の心配が無いのでお値段は上がっても肌触りが良く着崩れしにくい正絹が人気です。
また縫い付けてある半衿が、白衿なのか刺繍入りの物なのか、流行のデザインなのかなどにもよって値段が変わります。

足袋

肌に身に着けるものなので基本的にレンタルできません。
袴レンタル店を利用する場合は、ご自身で購入して持参するか袴レンタル店側が無料でプレゼントする場合の二択となります。

腰紐・伊達締め・衿芯

着付けに必要な小物類ですが、大体の袴レンタル店では1,000円前後でセットになっているのが普通です。

着付け・ヘアセット

袴レンタル店で着付け・ヘアセットをする場合の相場は12,000円前後です。
美容院などでは10,000円から20,000円程度が相場です。

卒業式の袴レンタル、関西圏の相場って?

関西圏の袴レンタルの相場は大体6万円前後です。
着物と袴だけのレンタルでこのお値段。
高い!と思われたでしょうか。それとも案外安価でしたか?

卒業式の一日しか着ないのに6万円か……。
そう思われた方にちょっとしたお話があります。

袴レンタルには値段を抑えられる格安レンタルショップもありますが、生地の質やお着物の種類が少ないこともあり、着心地の良いお着物やお嬢様に本当に似合うお色味やデザインのものをレンタルすることがかなり難しくなります。
なので安価に抑えることも出来る中多くの方が6万円前後の相場で袴レンタルをされています。
たかが一日、されど一日。
後悔のない素敵な卒業式にするならば、6万円は妥当なお値段と言えるでしょう。

卒業式の袴レンタル、関東圏の相場って?

関東圏での袴レンタルは7万円前後が相場。
一般的に関西圏よりも関東圏のほうが少しお値段が上がります。
というのも、上でご説明した通り、袴レンタルを安く済ませると言う事は流行のお着物や袴を諦めると言う事。
袴レンタルではお着物、袴、帯のチョイスが重要となりますが、人気の物や流行の物をチョイスするとそれだけレンタル価格も高くなります。
関西よりも関東のお嬢様方のほうがお値段が上がってもトレンドのお着物と袴を選ばれている、という点が相場の違いになります。

7万円の袴レンタル相場が高いと思われた方。

「安く済ませたいから流行りの着物と袴だけ借りて他にレンタルするものを少なくしようかな」

そんな考えが浮かびませんでしたか?
実はこれが落とし穴。
素敵なお着物と袴を身に着けてしまうと、やはりそれに見合う髪飾りや帯が欲しくなり、結局新たに購入してしまい逆に高くつくことも。
それならばとレンタルを検討するも、その頃には既にカワイイ小物は全部予約済み……なんてことは多々あります。
特にブーツなどはサイズが限られていることもあり、早めの確保が求められます。
袴レンタルを利用される際は、本当に身につけたいものを事前によく考えて、スタッフとたくさんご相談されて、当日絶対に後悔しないようにしましょう!

もちろん「可愛い、かつ流行りのお着物を着たい。でもお値段は抑えたい!」という方には、矢絣柄など安価でトレンドをおさえたお着物もおすすめです。
もちろん良質な布地を使用していれば安っぽさは全くありません。

袴レンタルに必要な物、全部購入でおいくら?

これまで卒業式で着る袴と着物のレンタル相場についてご紹介してきましたが一式を自分で買うといくらになってしまうのでしょうか?
値段は当然ピンキリですが、おおよその相場を見てみましょう。

・半巾帯

リーズナブルなもので2,000円前後、高価なものになると15,000円前後となります。
無地のものか、柄が入っているのか、生地がどんなものなのかによって値段が変動します。

・草履

リーズナブルなもので2,000円前後、高価なものは20,000円前後です。
デザインや装飾、素材で値段が変わります。
たった一日しか履かないものですが、鼻緒の部分が壊れてしまったり靴擦れを起こすことを考えるとお値段が高めでも自分に合った草履を選ぶべきでしょう。

・巾着

2.000円~5,000円前後です。

高価なものだと10,000円を超えることもありますし、巾着でなくバッグを選ぶならさらにお値段が上がります。

・髪飾り

1つで1,000円~6,000円前後です。

お値段は上がりますが2つセットの物なども販売されているので、髪飾りを複数付けたい方はそちらも検討しましょう。

・長襦袢

ポリエステルのものと正絹(しょうけん)のものとで価格が大きく変動します。
ポリエステル素材の長襦袢は多少着心地がゴワつく感じはありますが、安価かつ自宅で洗えるという利点を持っています。

またお値段も2,000円~4,000円前後とお買い得。
一方正絹は絹という字の通り100%シルクで出来ている長襦袢。

自宅で洗えない素材ではありますが、摩擦が少ないため着心地が良く着崩れもしにくいのが嬉しい日本の伝統的なお襦袢です。
お値段は10,000円~20,000円といったところ。

・足袋

案外種類が豊富な足袋ですが、リーズナブルなものは500円程度から手に入ります。
刺繍や素材などにこだわりたい方は3,000円ほど用意しておくといいでしょう。

・着付小物セット(腰紐3本、伊達締め1本、衿芯)

腰紐3本は500円程度で手に入ります。
伊達締めも1,000円~3,000円ほど。
衿芯も200円~500円。
全て単品でも安価で手に入りますが、セット販売されている場合もあるのでそちらも要チェックです。

以上が一式揃えるためのお値段となります。
最安価で抑えても1万円はかかってしまうのが痛いですね……。
それに謝恩会などでお着替えがある場合は荷物が多くなってしまいます。
普段お着物を着られない方や身軽に卒業式を迎えたい方には一式レンタルを強くお勧めします。

着付けやヘアセット、小物も込みでレンタルできる京都さがの館!

これまでお着物と袴をレンタルした時の相場をご紹介してきましたが、やはり卒業式までにあれもこれもレンタルしてヘアセットの為に美容院を予約して着付師さんを探して時間を調整して……なんて面倒なことをしている暇ありませんよね。
そんなお忙しいお嬢様方のため、京都さがの館ではお着物と袴はもちろん、髪飾りや草履など卒業式に必要な物全てを簡単レンタルできるプランもありますよ!

お嬢様方にご用意して頂くものは補正用の「タオル4~5枚」それのみ。
お着物は身体の凹凸をできるだけ目立たないようにしたほうが美しく見えるので、補正用のタオルが必要となります。
その他のものはさがの館が全てご用意させていただくので、当日は超身軽でOK!
大荷物を持つ必要がないので後に予定があっても安心です。

強いて他に必要なものがあるとすれば、その日を精一杯楽しむ心でしょうか。
卒業式当日の着付、ヘアセットについては「プラン一覧」からご覧ください。

晴れやかに卒業式を迎えたい方におすすめ!袴レンタルショップ一覧

・京都四条本店
・大阪梅田店
・なんば店
・茨木店
・天王寺店
・神戸三ノ宮店

・新宿店
・御茶ノ水店
・池袋店
・横浜店

まとめ

いかがでしたか?
袴レンタル相場に悩むご両親、お嬢様のご参考になったでしょうか?
今回の記事で押さえておきたいポイントは、

  • 袴レンタルの相場は関西が6万円前後、関東が7万円前後
  • トレンドや、新作のお着物、袴を選ぶとより高額に
  • 着物と袴のレンタル代にプラス、着付け、ヘアセット、小物類に別途料金がかかる
  • レンタル店を選ぶ際には、袴レンタルに付属するお得なプランがないか調べること

門出のお祝いに相応しい衣裳選びは、最良のレンタル店選びにかかっています。
以上のポイントをしっかりと押さえて、最高の卒業式を迎えましょう!

合わせて読みたい記事一覧

卒業式の袴レンタル|相場から選ぶ理想の着付け場所

SAGANOKAN KYOTO